ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

あご・頚から右にかけて引きつれるように痛む

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

あご・頚から右にかけて引きつれるように痛む

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2014年9月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

10年以上前から肩こりがあり、4日前から悪化している。右あご、右頚から右腕にかけて引きつれるように痛む。
頚を動かしづらく、特に頭を左に傾けると右頚、右顎から肩にかけて痛みが出る。夜寝ていても、肩が攣る(つる)ような感じがする
症状は常にあり、日を追うごとに痛みが強くなってきているため来院。

施術と経過

「夜寝ていても肩が攣る(つる)ような感じがする」という感覚と、頭を左に倒した時に右肩が痛むことから、胸椎と足首に問題があると考えた。
胸椎2ヶ所、足首1ヶ所のツボに鍼をした。するとすぐさま動きが改善し、症状が消失した。
最後に顎に少し違和感が残っていたので、手首に鍼をすると改善。1回の施術で終了した。

使用したツボ

まとめ

胸椎8番の可動性の低下が症状の原因となっていた。胸椎一つ一つに対応する身体の動きがあり、痛みが出る動きを分析していくと原因を絞り込むことができる。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供