ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

頚~肩にかけて重く、悪化すると痛みとしびれを感じる

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

頚~肩にかけて重く、悪化すると痛みとしびれを感じる

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2014年6月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

仕事で1日中座ってパソコン作業をしている。5〜6年ほど前から、左頚から肩にかけて重く感じている。
ひどい時は、痛みと軽いしびれを感じる。カイロプラクティックに通っていたが、症状は徐々に増してきていた。
心配になり病院でレントゲン検査を受けたところ、ストレートネックと診断された。鍼治療を試してみようと思い、来院。

施術と経過

肩に触れると、肩上部のコリが顕著であった。ここが硬い場合は坐骨(ざこつ)に原因があることが多い。坐骨のツボに鍼をしたところ、肩の表面のコリは緩解した。
長年の座り仕事の影響でインナーマッスルの大腰筋にも問題があると考え、足の甲のツボに鍼を行った。
すると肩が軽くなり、動きもスムーズになった。最後に肘のツボに鍼をすると、肩がスッキリした。
左側の肩がスッキリしたことで、何でもないと思っていた右側のコリがわかるようになった。

1週間後、2回目の来院。前回の訴えであった左の頚と肩の重さは楽になっていたが、その外側に気になるところが残っていた。
コリの位置を確認し、仙骨からの影響だと考えた。仙骨のツボに鍼をすると楽になり、さらに外側に気になる点が残った。
肩甲骨のツボに鍼をすると、左肩の重さが全く気にならなくなった。

使用したツボ

まとめ

パソコン作業による長時間・長期間の座位が、肩の重さに影響していた典型的な症例である。
座り続けていると脚の付け根(坐骨)が圧迫される。これが肩こりの原因になっている例は少なくない。
肩こりは上半身だけの問題ではなく、下半身からの影響も常に考慮すべきである。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供