ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

頚から肩にかけての重さ、肩甲骨の間の張り感

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

頚から肩にかけての重さ、肩甲骨の間の張り感

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2014年5月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

10代の頃から肩こりに悩まされている。頚から肩にかけての重さ、肩甲骨の間の張り感が気になる。
朝、起床した時から肩こりを感じる。肩こりがひどくなると肩甲骨の動きが悪くなり、ストレスで増悪する傾向にある。

施術と経過

肩甲骨の動きが悪いため、頚の動きを制限していると考えた。動作を確認したところ、頭を左後ろに倒した際に右肩が痛むことがわかった。
左肘と左肩甲骨のツボに鍼をしたところ、痛みが消失した。
左肩の重さが残っていため、仙骨のツボに鍼をしたところ症状がほぼ消失した。

使用したツボ

まとめ

肩甲骨の動きを回復させることで、頚の可動性を向上させることができた。
その結果としてコリが解消された。腰(仙骨)の疲労が、肩こりに影響していたと考えられる。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供