ツボネット ホーム

全国の症例
亮鍼灸院の症例

ザーッとなる耳鳴りと回転性めまい

全国の症例
亮鍼灸院の症例

ザーッとなる耳鳴りと回転性めまい

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年6月 ~ 2018年7月
  • 通院回数

    8回

症状

仕事の忙しさと5歳の子供の世話で疲れ、強い後頚部の硬さと肩の張りを感じはじめる。2ヵ月前から回転性のめまいと右耳の耳鳴りが現れるようになった。
朝が特にザーッと聞こえる大きな耳鳴りと時々キーンとする耳鳴りがする。また、頭を下から上へむける動作をすると視界がクルクルと周りだす。

そこで、耳鼻科を受診し、「メニエ―ル」と診断され、アデホスコーワ顆粒10%、メチコバール錠0.5㎎、メニレット70%ゼリー30g、コンスタン0.4gを処方される。

薬を飲んでも耳鳴りとめまいに変化がなく、他の病院を受診。効果が感じられず困り果てて、ネット検索当院を受診。

施術と経過

首、肩、顎を触診すると、右の咬筋(顎の筋肉)と頭のつけ根、肩甲骨内側に強い筋肉の緊張を感じた。そこで仙骨、手、足、肘にあるツボに鍼施術を行った。手にした鍼の後に耳鳴りが少し小さくなったとのことで週2回の通院を提案し、1診目を終えた。

2~3診目は、常時する耳鳴りが10→5、めまいは10→6に減少。朝の耳鳴りは変わらず、大きな耳鳴りがするとのことで、同施術を行った。4~7診目は、耳鳴りが10→3~2に減少、朝の耳鳴りも小さくなっている。めまい10→2に減少し、めまいは感じない日がでてきたとのこと。手のツボを追加し、同施術を行った。

8診目で、めまいは消失。耳鳴りは、10→1~2は残存するが日常生活には支障がないとの事で施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

めまいと耳鳴りは首と顎の筋肉が緊張するこで起こることが多い。朝の強い症状は夜に強い噛みしめがあることで、顎から首の筋肉が緊張し現れているのではないかと考え施術を行った。顎、首の緊張がとれるとともに症状が減少していった症例。

提供:亮鍼灸院

症例提供

  • 亮鍼灸院

  • 電話番号

    011-839-0217

  • 最寄り駅・地域エリア

    札幌市東区北46条東15丁目4-22

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る