ツボネット ホーム

歩いたり、車の乗り降りで股関節が痛い

歩いたり、車の乗り降りで股関節が痛い

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2018年7月 ~ 2018年8月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    6回

症状

15年前に股関節を亜脱臼し、常に歩いていても右側の股関節に不安定感を感じるようになる。最近では、年に数回、股関節が歩行時や車の乗り降りで強く痛むようになった。

整形外科に受診するも、「変形性股関節症」と診断され、痛み止めとリハビリに通院するように処方される。通院するも変化がなく、医師には体重を落とさないと良くならないといわれ、減量するも痩せられずにいた。そこで友人から当院を紹介され受診した。

施術と経過

歩行時に股関節前面が痛いとの訴えから、腸腰筋に問題があると考え、太ももを上げる動作で痛みが誘発されるか検査を行った。
痛みがあらわれた為、その筋肉と連動する足のツボに鍼を行う。すると歩行時の股関節前面の痛みが10→2に減少。

次に股関節の奥が痛いとのこと。これは、腰と股関節が協調して動いている為、腰の動きが悪くなることで、股関節に負担が掛かり痛みを引き起していると考えた。そこで腰にあるツボに鍼をすると痛みが10→3に減少したことから1診目を終えた。

2~4診目で、車の乗り降りや歩行時の痛みは10→1に減少。ふとした際にだけ痛みが現れるとのこと。5~6診目で痛みや股関節の不安定感が消失し施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

股関節は、足指→股関節→腰の動きが協調しあうことで円滑に動いている。

今回の症例は、足指が地面をしっかりけり出すことができなくなり、腰に負担が掛かり、股関節の動き悪くなったことで痛みが引き起こされた症例。

提供:亮鍼灸院

症例提供

  • 亮鍼灸院

  • 電話番号

    011-839-0217

  • 最寄り駅・地域エリア

    札幌市東区北46条東15丁目4-22

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る