ツボネット ホーム

左手の母指を動かすと「ガックン」となり痛い

左手の母指を動かすと「ガックン」となり痛い

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2015年1月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    3回

症状

左手の母指を撓屈(親指側に曲げる動き)をするとバネ指のように「ガックン」となり、痛みを伴う。
また、寝た状態から起き上がろうとして手に体重をかけると痛みが出る。
きっかけとして、子供(生後6ヶ月)を長時間だっこしていたこと、ここ1週間パソコンの仕事量が増えていたことが考えられる。

施術と経過

脊柱の動きを確認すると、頚椎7番(C7)の可動性が低下していた。
背中と手に鍼をしたところ、手をついて体重をかけた時の痛みがなくなった。
また、母指を動かしても腱の引っかかる音が小さくなり、痛みも半分程度になった。
最後に肩甲骨外縁に鍼をすると、引っかかる音はさらに小さくなり、痛みも2割程度に軽減したため初回の施術を終了。
2回目以降も同様の施術を行い、3回目で引っかかる音と痛みが気にならなくなったため、終了した。

使用したツボ

まとめ

頚椎7番(C7)と母指の動きには密接な関係がある。
ただ、母指の動きは複雑なので「どの動きで痛みが出るか」を分析し、影響を与えているポイントを見極めることが重要である。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供