ツボネット ホーム

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

事務の仕事で首から肩にかけてパンパンに張った肩こり

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

事務の仕事で首から肩にかけてパンパンに張った肩こり

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2016年5月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

首から肩にかけて「パンパンに張っている感じ」がする。事務系の仕事を長時間続けると、首が前に出てきて猫背の姿勢になりコリが強くなる。肩が前に出てしまい、怒り肩に見えるので困っている。右に振り向くと、首の右側と左の肩が痛い。上を向くと首の前の方が気になる。ネットで当院の事を知り来院された。

施術と経過

首の右横に触れてみると、強いコリが確認された。本人もそこが「ゴリゴリして気になる」とのこと。長時間の事務作業による手の使いすぎが原因と考えた。手に鍼をすると首の横にあったコリが消失し、痛みなく振り向けるようになった。

上を向いたときの首の前の違和感の原因を鎖骨と手の連動に問題があると考え、手に鍼をしたところ違和感が消失した。

「何の抵抗もなく、首が動かせて軽い」との事なので終了した。

使用したツボ

まとめ

仕事で手を酷使したことによって、首から肩にかけてのコリが生じていると考えた。手の動きは複雑で、身体の各部と連携している。手の動きのバランスが崩れると、首や肩だけでなく身体の様々な箇所に問題を引き起こす原因となる。手のどのような動きがどの部分に関連しているかを見極め、狙いを絞り込むことが早期改善への近道である。

提供:快気堂鍼灸院白石

症例提供