ツボネット ホーム

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

20年前に交通事故に遭ってからの肩こり

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

20年前に交通事故に遭ってからの肩こり

  • 患者

    50 代

  • 来院

    2018年9月
  • 通院回数

    2回

症状

20年以上前に交通事故に遭ってからの肩こり。めまいや吐き気、偏頭痛も伴う。週末に「ぐるぐるする」めまいで起きられず、嘔吐した。あまりにも体調が悪く、仕事に影響があるため、知人の紹介で来院。

施術と経過

触診すると左肩がもりあがっており、頚は上がほとんど向けない状態だった。臀部の対応するツボに鍼をしたところ、上を見上げられるようになった。回転性のめまい特有の頚の緊張がみられたため、対応する足首のツボに鍼をし、緊張を緩めた。首を右に傾けると「耳の付け根から肩にかけて張ってつらい」とのこと。対応する背中のツボに鍼をしたところ、張りが消失したので、施術を終了とした。
2診目、「大分肩こりはよくなった。めまいも起きなかった。」とのこと。再発を防ぐための施術をし、終了とした。

使用したツボ

まとめ

過去の交通事故の後遺症の肩こりがあると良く聞くが、それは事故時の緊張が身体に残っていると考えられる。その緊張を解くことにより、長年の肩こりを解消できた良い例である。

提供:快気堂鍼灸院白石

症例提供