ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

手を挙げると脇腹が突っ張る、それから感じる腹部の膨満感

手を挙げると脇腹が突っ張る、それから感じる腹部の膨満感

症状

数日前から左の肩こりを感じ始め、肩を回しても左の肩だけ動きが悪い。自分の中では肩関節がゴリッとした音が鳴っている。
特に高いものを取るときに脇腹の方に突っ張りを感じる。この肩の不調を感じてからお腹の膨満感を感じていることを問診時に把握した。

  • 来院者

    男性

    40 代

  • 期間

    2020年5月 ~ 2020年5月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

腹部症状と肩の動きの問題が同時に起きていることから腹部の緊張と肩甲骨の緊張に注目し、共通する肘のツボに使った。すると腹部は緩み、肩関節が動きやすくなったが突っ張りは変わらない。そこで肩甲骨内縁のツボに注目した。突っ張りが7割程解消されたため1回目の施術を終えた。
2回目、『お腹はかなり楽になった、肩は前回終了時と同じくらい』とのこと。
患部を触れていると腋窩より指3本下に緊張をみつけここを解すように考えた。横軸に注目すると肋骨、咬筋に強い緊張がみえたため対応する手足のツボに鍼をした。すると腋窩の緊張が取れることで残り3割だった突っ張りも解消することが出来た。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

お腹の中心は、肩関節の動きの起点となる肩甲骨の内縁と連動します。そこで第一に肘のツボに鍼をすることでお腹の症状と肩の動きに同時にアプローチしました。最後に残った突っ張りに関しては横軸の緊張と思います。そこで適切なアプローチを行ったことで動きの解消が痛みの解消にもなりました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院