ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:bodytune鍼灸マッサージ院

ピアノを弾き始めると感じる手首の痛み

ピアノを弾き始めると感じる手首の痛み

症状

ピアノを弾き始めると手首に痛みを感じる症状が1か月前から続く。そのため1日に1時間以上練習ができない。両手ともに痛むが左手の方が右手よりも痛い。左手は手の甲から肘の外側上顆にかけて腫れている感覚もある。また3年前に喘息にかかったことがあり今でも走ると息苦しい。人前でピアノを弾く機会が3週間後にあるのでそれまでに改善したくて来院。

  • 来院者

    女性

    50 代

  • 期間

    2020年2月 ~ 2020年2月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    2回

施術と経過

1回目 喘息の既往があったことから脊椎の間のつまりや両側の硬さをたんねんに確認した。すると押すと圧痛を感じるところがあった。そこで圧痛を感じた付近の脊椎のツボに鍼をしたら左右ともに手首を回しやすくなり痛みが和らいだ。
2回目 痛みと左手の腫れ感はだいぶ消失していた。今度は右手が「いかだを組む紐がバラバラになるような」感覚がして、特に弾き始める時に指が動きづらかった。指と関係する首の部位を確認すると強い緊張が認められたので、対応する手のツボを使ってそれをゆるめた。すると右手の力が入りやすくなった。加えて1回目と同じツボに鍼をするとさらに力を入れやすくなった。
後日連絡をとって確認したところ良い状態が維持できていたので終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

喘息にかかると胸椎まわりの筋肉に強い緊張が残りやすい。そして胸椎と手の動きは密接に関係している。小児喘息の既往があって指の不調に悩む人(特に呼吸と細かい運指を駆使する木管楽器奏者)に胸椎をゆるめる施術をすると指の不調が解消することが多く、臨床ではよく経験する組み合わせだった。そのため効果的なツボを早く見極めることができた。

症例を投稿した鍼灸院:bodytune鍼灸マッサージ院

症例を投稿した鍼灸院