ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

臀部を強打後、膝の痛みが悪化

臀部を強打後、膝の痛みが悪化

  • 患者

    女性

    70 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

症状

以前から膝痛に悩まされており、整体や膝のサポーターで対処していた。2週間前に自転車から転倒して、右のお尻と足を強打。3日前から右膝が痛み、腫れている感じがして整形を受診。「膝の水を抜いてヒアルロン酸を打つ」と言われ、恐くなり帰ってきた。来院前日は膝が「ズンズン」うずいて寝れず、保冷剤で冷やしていた。他に治す方法はないかと、娘さんに相談したところ「鍼がよく効く」と言われ、近所の当院へ来院される。

施術と経過

問診時に、立ち上がり時と歩き始めに右膝内側が痛むことが分かった。臀部を強打した話から、先ずは膝との関係が深い臀部のポイントを調べたところ、軽く押しても痛む所が見つかった。臀部の硬さが膝に影響していると考え、臀部のツボに鍼をして膝の調整を行った。膝内側の痛みは残っていたため、続けて背部のツボを使ったところ、膝の動きが軽くなる。さらに、膝裏のツボで調整を行うと、痛みは少し残るが歩き始めがスムーズになった。
2回目、前回の施術後はよく寝られた。痛みが30%残る。仰向きで寝た時、膝が伸ばせない。腰のツボに鍼をすると膝が伸ばしやすくなった。また体重を右膝に乗せると「カクッ」となる。前回同様の施術に加え、下腿のツボを追加したところ安定して膝内側の痛みを感じなくなった。
3回目、「ズンズン」する痛みは消失したが、20%痛みが残る。前回同様の施術後「100%良くなった」と、感想をいただいた。
現在は、メンテナンスを兼ねて定期的に来院されている。

使用したツボ

まとめ

強打した臀部の緊張が、膝に影響していた。膝の動きが円滑に行われなくなることで、背部や膝裏にも負荷がかかり膝痛を悪化させたと考える。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

症例を書いた鍼灸院