ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:鍼灸・活法整体いろは治療院

10年近く続く足指付け根の痛み

10年近く続く足指付け根の痛み

  • 患者

    女性

    60 代

  • 来院

    2019年1月 ~ 2019年2月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    5回

症状

鍼で改善したモートン病の症例ー埼玉県志木市のいろは治療院ー

10年近く前に足指の付根付近に痛みを感じるようになる。
整形外科や整骨院に通院し、オーダーメイドでインソールを作ったりしたが、以前のように長く歩くことができない。1か月くらい前から寒さの影響からか痛みが強くなってきた。

発症から年月が経過しているためか、歩き方もぎこちなくなっている。

鍼に関しては、足の裏に刺されるイメージで怖くて選択肢にはなかったが、当院の足の裏に鍼をしない症例をネットで見て来院。

施術と経過

足の裏と関連が深いふくらはぎと、ふくらはぎと関連がある腰の硬さがあるのを確認。

ふくらはぎの硬さに対して腰のツボに鍼をして緩める。歩行して確認すると患部の痛みは減弱。

緩んだふくらはぎの中でも硬さが残るところがあるので、ふくらはぎのツボに鍼をし、再び歩行して確認してもらうと痛みは更に減少。

小指側に残る痛みに対して、肩甲骨のツボに鍼をすると痛みはほぼ解消した。

その後、週に1回の通院で5回目には家の中を裸足で歩け、歩行距離も当院から自宅まで(約1km)歩けるようになった。

現在、腰痛と足のケアで月に1~2回、通院中。足裏の痛みの再発はしていない。

使用したツボ

まとめ

足の裏の痛みがなぜ起こるのかを深堀すると、患部よりも上に問題がある。特に、ふくらはぎとの関連は深いが、むやみにふくらはぎを緩めるだけでは効果は薄かったと思う。ふくらはぎの何処に問題があるのかを見極める必要がある。

症例を書いた鍼灸院:鍼灸・活法整体いろは治療院

症例を書いた鍼灸院