ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はり・きゅうルーム恵眞道

サイドステップで現れるふくらはぎの痛み

サイドステップで現れるふくらはぎの痛み

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2919年5月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    5回

症状

卓球の練習中、スマッシュを打ち込むため右側へ体重移動をおこなった瞬間、左ふくらはぎに肉離れがおこった。

整形外科受診後、2ヶ月間固定をおこない安静にしていたところ、松葉杖なしで歩行ができるようになった。

日常範囲内の歩行は問題ないが、まだ練習中のサイドステップ動作で痛みが出現する。

施術と経過

症状を確認すると、右膝と比べて左膝の曲げ伸ばしが上手くおこなえていないことが分かった。

膝の曲げ伸ばしに関係する筋肉を調べていると、太腿と臀部に緊張がみつかった。

それらの筋緊張を弛めるため、腰にあるツボへ鍼をおこなうと膝の曲げ伸ばしが楽になった。

続いて調べると、足首を反らせる(背屈)動作が窮屈でふくらはぎを伸ばすことが上手くできていないことが分かった。

足首の動作に関係する筋肉を調べると腰に緊張があり、足の甲へ鍼をおこなうと緊張が弛み背屈動作が楽になった。

膝の曲げ伸ばし、足首の背屈が楽になったが、まだ蹴りだす時ふくらはぎ外側に痛みが出現するため調べると臀部と腰に特徴的な緊張がみつかった。

この緊張を弛めるため、手の甲にあるツボへ鍼をおこなったところ、蹴りだす動作で痛みの感覚がやわらいでいた。

同じ施術を4回おこない、5回目の施術の際にはふくらはぎの痛みは出現しなくなっていた。

予防のため5回目にも同じ施術をおこない、サイドステップを踏んでも痛みが出現しなかったため、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

「ふくらはぎが痛い」と感じると、どうしても痛みを感じる箇所に注意が集まってしまう。

だが、本来の身体の仕組みを考えると、「痛い感覚」は身体が感じている「危機」。

「危機」に対しての感覚は余計な緊張を生んでしまう。

2ヶ月の固定で肉離れから回復していたのだが、その原因になった「動作の記憶」から、足を伸ばすことができなくなっていた。

そこに着目することで改善できた症例だった。

症例を書いた鍼灸院:はり・きゅうルーム恵眞道

症例を書いた鍼灸院