ツボネット ホーム

すのさき鍼灸整骨院の症例

バドミントンのスマッシュ動作がしづらい

すのさき鍼灸整骨院の症例

バドミントンのスマッシュ動作がしづらい

  • 患者

    男性

    10 代

  • 来院

    2019年5月 ~ 2019年5月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

バドミントンの大会前日にスマッシュ動作をすると肩関節の後面が痛み大きく後ろへ引くことができないことに気づいた。また、腰部に重だるい痛みを感じ動作に支障をきたす。
生活動作には支障はないが試合前日という事もあり連絡をいただいた。

施術と経過

肩関節の水平外転動作が制限されていることから身体の軸が不正になり、腰部の痛み・肩関節の運動障害をきたしていると考えた。

軸を考え、脚の外側にあるツボに鍼をするとやりづらかった水平外転がスムーズになった。また、胸椎にあるツボに鍼をすると肩関節を後ろへ引けるようになった。その場でスマッシュ動作が改善されたため終了とした。

使用したツボ

まとめ

身体の癖が招いた運動障害であります。その癖を正すことで軸が整って本来の動きが再現されたものと思われます。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供