ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

ゴルフ場で悪化した花粉症

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

ゴルフ場で悪化した花粉症

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年3月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    5回

症状

10年前に花粉症を発症。例年であれば4月から症状が出始めるが、10日ほど前にゴルフに出かけたところ口の中がイガイガして、くしゃみが止まらなくなった。来院時は目のかゆみ、鼻水、鼻づまりに悩まされていた。薬に対しては「ずっと飲み続けなければいけないイメージ」を持っており、別の治療方法を探して来院された。

施術と経過

花粉症に特有の肩こり、頚こりを解消するため、肩・膝のツボを使用した。すると2回目から目のかゆみが軽減。その後4回目まで一時的に目のかゆみが出るものの、施術をすると治まっていた。鼻水と鼻つまりに関しては4回目まで顕著な効果が見られなかったが、5回目の施術で背中のツボを使用したところ、後日「5回目の施術後から鼻水がピタッと止まった」との連絡をいただいた。

使用したツボ

まとめ

花粉症の症状を改善するには、特有の肩こり、頚こりを解消することが重要であると、この症例を通して再認識した。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供