ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

NEW薬を多量に飲まないと抑えられない花粉症

NEW薬を多量に飲まないと抑えられない花粉症

症状

毎年花粉症がひどく、薬を多量に飲まないと抑えられない。薬が切れると、症状が強く出て生活に支障をきたすため、薬が手放せない。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、喉のムズムズ、どの症状も辛い。目が覚めてすぐや疲れを感じると、特にひどくなる。睡眠時間が不規則だったり、食生活の乱れ、ずっと座りっぱなしの生活も良くないと考えている。体の怠さも感じている。

  • 来院者

    男性

    30 代

  • 期間

    2021年3月 ~ 2021年4月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    8回

施術と経過

後頭部のコリと頭部の熱感が顕著であった。コリを緩め、頭部の熱を下ろすために臀部と肩に鍼をした。
初診の後、眠気が強く出て、そのタイミングで寝たら、起きた時に体がスッキリしていたが、花粉症の症状は不変。
2診目以降も頭部に熱がこもっている状態が続いていたため、熱を下ろすための施術を継続して行った。
4診目から症状の軽減が感じられ、薬を飲む量も減っていった。「毎年同じようにつらい症状がある友人は、今年もつらそうだが、自分はそこまでつらくない」とのこと。
多少症状はあるものの、薬を飲まなくても平気な状態が続いたため、終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

頭部に熱がこもり、それが目・鼻・喉の症状に繋がっていたと考えられる。首肩のコリを頭部の熱を下げることで症状の改善が見られた。また、内臓の調子を整える施術も行ったことで、良い状態を維持できる身体の状態が作れた。
当院ではシール鍼を使っての花粉症治療も行っているが、今回は重症と判断し、通常の鍼治療での施術を行った。

症例を投稿した鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

症例を投稿した鍼灸院