ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅう那須院の症例

頭痛と便秘を伴う肩こり

全国の症例
はりきゅう那須院の症例

頭痛と便秘を伴う肩こり

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年11月 ~ 2018年12月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    5回

症状

社会人になった10年前頃から肩こりが始まった。両肩と肩甲骨の内側にとくにコリを感じる。
仕事でパソコンを使っている時など動かしているときや、何もしていないときもつらい感じがある。首も回りづらい。
こめかみあたりが微妙に痛い感じが続いており、2週間前は3日連続で頭痛薬を飲んだ。
便秘ぎみで、いつも踏ん張らないと出ない。

施術と経過

肩こりを感じている部分を触りながら確認していくと、首の付け根、肩甲骨の内側上方、肩甲骨内側の脊柱起立筋あたりにコリと圧痛があった。
便秘があるというので腹部を確認すると、おへその下方に固い部分があった。
事務仕事で座っていることが多いということから臀部のツボ、首の回りづらさには脊柱に働きかけるツボ、便秘対策で内臓の働きを高めるツボを選び施術をおこなった。

1回目 施術を終えた時点で肩の凝り感は3割まで減った気がするとのこと。
2回目 仕事の都合で3週間後の来院となったが、つらさの戻りは6割くらいまにとどまった。頭痛はこの間1回あっただけで頻度が減った。
5回目 肩がこってる感覚があまりなく首もまわしやすい。便秘もこれまでは踏ん張らないと出ない感じだったが、楽に排便できるようになったということで、前回同様の施術を行い終了とした。

使用したツボ

まとめ

肩こりの原因は実にさまざまであり、原因は一つでないことが多い。
今回は、下半身の圧迫、腸の働きが関係していた。下半身の緊張を取り除き、腸の働きを高め、脊柱起立筋を整えることで改善できた。肩こりを改善すれば頭痛も改善される。
原因を見極めることが大切である。

担当スタッフ

那須あゆ美

提供:はりきゅう那須院

症例提供