ツボネット ホーム

ピアノで激しい曲を弾いて以来、腕の重さが取れない

ピアノで激しい曲を弾いて以来、腕の重さが取れない

  • 患者

    女性

    20 代

  • 来院

    2018年6月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

職業はピアニスト。2週間前に激しい曲を5分以上弾いて以降、小さい子を抱っこしているような重さが常に右腕にある。
また、肩は慢性的に凝っていてじっとしている方が辛い。寝ても違和感を感じる。
ご家族の紹介で来院。

施術と経過

肩甲骨、上腕を触診すると、肘の少し上に明らかな緊張を見つけた。そこを緩めたところ、右腕の重さが6割程度になった。
さらに手のツボに鍼をしたところ、腕の重さを感じなくなった。
腕に負担がかかりやすいのも、肩が慢性的に凝っているからと推測し、続けて肩こりの施術も合わせて行った。
骨盤、足の甲のツボに鍼をしたところ、肩の重さがほぼ解消したため、施術を終了した。

使用したツボ

まとめ

激しい曲を弾いたことが発端にはなったが、根底には慢性的な肩こりがあることで、腕に負担がかかっていたと考えられる。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供