ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

慢性的な腰痛から、脚に痺れと痛みを感じ始める

慢性的な腰痛から、脚に痺れと痛みを感じ始める

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2018年1月 ~ 2018年3月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    6回

症状

3年前から腰に痛みがあり、病院で検査(MRI)の結果「腰椎すべり症」と診断される。
電車で座った後、駅から会社までの距離(5分程)が腰の痛みで歩けないためバイク通勤に変えた。
今までに病院の処方薬、カイロプラクティック、マッサージを試すが改善には至らない。
2〜3週間程前から腰の痛みが強く、2日前から痛みで目が覚めるようになった。何をしていても腰に痛みを感じ、左足のしびれと痛みもある。腰の根本的な治療を考え来院された。

施術と経過

問診で「とくに朝起き上がれない程に痛む」ことが分かる。触診すると背骨と臀部に顕著な反応を確認できたため、足のツボを使ったところ臀部の痛みが軽減した。
2回の施術で左足のしびれと痛みは軽減され、スタスタと歩けるようになった。臀部の痛みが残るため下腿のツボを追加する。
週に1回の施術を続けて6回行い、臀部と脚の症状が消失したため終了とした。

使用したツボ

まとめ

「腰椎すべり症」と診断された腰痛であることから腰に目を向けがちだが、原因は他にあると考えた。痛む動作と痛む部分から関係する背骨の調整を行なった。離れたツボを使って調整することで、慢性的な痛みが改善に向かった。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

症例を書いた鍼灸院