ツボネット ホーム

腰を伸ばす動きで増悪する、下肢の痛みとしびれ

腰を伸ばす動きで増悪する、下肢の痛みとしびれ

  • 患者

    男性

    60 代

  • 来院

    2018年9月 ~ 2018年10月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    5回

症状

1ヶ月前から右側のお尻が痛み、ふくらはぎがしびれる。朝起きて直ぐは痛みが強く、立ち上がる時に腰を伸ばすと痛みとしびれが走る。
座っていると、しびれは楽になっていくが、立ち上がって歩き始めると、また痛みとしびれが出現する。
整形外科にてレントゲンの検査を行うが「原因が分からず」湿布を出された。「湿布では良くならない」と思い、当院に相談に来られた。

施術と経過

痛みを感じる右臀部に触れると強く硬結しており、押しても痛む(圧痛)を確認した。この臀部の硬さが、痛みとしびれの原因と考え、この部分を緩める施術を行った。
2回目の施術後、「山登りに行ったが痛みはなかった」という。起床時、直ぐの症状は残る。
5回目時点で、起床時の痛みとしびれも和らいでいたので終了とする。

使用したツボ

まとめ

坐骨神経は臀部にある筋肉の下を走行している。そのため筋肉の過剰な硬さは神経を圧迫して、坐骨神経の走行上に症状を引き起こす原因となることが多い。
今回のケースは、臀部と連動関係にある腰部にも硬さが見られたので腰部のツボを中心に施術を行ったところ臀部の硬結が緩み、症状は徐々に改善されていった。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供