ツボネット ホーム

全国の症例
治療室そらの症例

歩くと膝の内側が痛む

全国の症例
治療室そらの症例

歩くと膝の内側が痛む

  • 患者

    女性

    70 代

  • 来院

    2017年3月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    4回

症状

3~4年前から右膝の内側に痛みを感じるようになった。近所の整形外科を受診したところ、「変形性膝関節症」と診断され数回治療をうけた。膝関節に注射をしたり、関節内の水を抜いたりしたが数日で元の状態に戻ってしまったので、それ以後は受診していない。当初は右膝が痛かったのだが、右膝をかばうせいか今は左膝の内側にも痛みを感じることがある。このまま徐々に痛みが強くなり、歩けなくなってしまうのではと心配している。スポーツジムに通い、脚の筋力強化の運動をしているが、痛みに変化はない。痛みを強く感じるのは歩いた時だが、じっとしていても膝の内側がピリピリと痛むことがあり、また、足に体重をかけた時にしっかり力が入らない。

施術と経過

〈1~2診目〉 「足に体重をかけた時にしっかり力が入らない」ということから、股関節に着目した。股関節の動きと関連が深い腰部に筋緊張があったので、鍼をして緊張を緩めたところ右足に荷重した時の不安感がなくなった。次に膝の動きに関係する脊柱を調べたところ、胸椎付近に強い緊張が見つかった。ここに鍼をして、緊張を緩和させると、歩いた時の膝内側の痛みが10→3と大幅に緩和された。

〈3診目〉「脚全体が軽くなったが、まだ時々右膝の内側がビキッと痛むことがある」とのこと。触診で反応の強かった股関節付近と大腿後面のツボに鍼をしたところ、右下肢に体重をかけた時の痛みがなくなり、また脚が振り出しやすくなり歩行もスムーズになった。

〈4診目〉「じっとしている時のピリピリした痛みも出なくなった。動作時にごく軽い痛みがあるが、ほとんど気にならない」ということなので、前回と同様の施術をした。施術後、確認すると歩行、右足荷重時とも「問題ない」とのことだったので今回で終了とした。

使用したツボ

まとめ

何度も注射をしたり、関節にたまった水を抜いても症状が緩和されない膝の痛みは、膝関節以外に原因があることが多い。この症例では、腰殿部と背部の筋緊張に着目することで、比較的短期間の施術でよい結果を出すことが出来た。

提供:治療室そら

症例提供

  • 治療室そら

  • 電話番号

    0466-43-2880

  • 最寄り駅・地域エリア

    湘南台駅/神奈川県藤沢市

  • 定休日

    日曜, 月曜

  • 詳しく見る