ツボネット ホーム

すのさき鍼灸整骨院の症例

知覚過敏になった足

すのさき鍼灸整骨院の症例

知覚過敏になった足

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2018年1月 ~ 2018年1月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

1か月前に鼠径ヘルニアの手術を行い術後より足の外側に痺れを感じる。当初は「いつか治まるだろう」と思っていたが痺れに加えて痛みも出てきた。
自分で足の外側を押すと痛く、硬めのジーパンを履くだけでもピリピリとした痺れがある。
先日、子供が「ねえ、パパ」と不意に触ったときに飛び跳ねたこともあり心配になり相談を受けた。

施術と経過

痺れる走行に沿って筋肉の過緊張が見られた。そのため、この緊張を抜くことを第一に行った。
背中を見ると著明な緊張があり、そこへ鍼をした。すると硬くなっていた筋肉が柔らかくなりその場で痺れも軽減した。
次に残っている痺れの部位を確認し、腰部の関連するツボへ鍼をした。痺れが消失したことから施術を終えた。

後日、「だいぶ良くなった。是非、違う症状の家族も診て欲しい」と予約のメールがあった。

使用したツボ

まとめ

本症例のポイントは、背部にみられた緊張でありました。筋肉が硬いと神経の通りが悪くなり痺れや痛みなどを引き起こします。筋肉の緊張を抑えることで痺れに対する範囲が限定されピンポイントで施術を行うことが出来ました。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供