ツボネット ホーム

全国の症例

急性内斜視と思われる小学生の寄り目

全国の症例

急性内斜視と思われる小学生の寄り目

  • 患者

    男性

    7 歳

  • 来院

    2019年1月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

症状

1月下旬、物や人を意識して見続けないと寄り目になり、映像が二重に見えるようになった。この異変を母親に伝える。「今、目の位置、どうなってる?」と尋ねると、「寄り目になっている」と言われた。母親は、寄り目の練習をしているのかと思ったが、あまりにも頻繁に寄り目にしているので、「急性内斜視」を疑い近所の眼科に連れて行った。
眼科の医師から「スマホやゲームを控えて、生活に支障が出るようになったら再度受診してください」と告げられた。しかし、心当たりがないため他の原因を疑い鍼灸院を尋ねた。

施術と経過

身体の特徴を診ると右の背中と左手に緊張があった。目の症状に関係があると判断し鍼をした。すると、直後に二重に見えていた視点が一つに見えるようなった。また、寄り目になるまでの速度がゆっくりになる。
翌日、同じ施術をすると寄り目が表れなかった。再発防止のため、3日後に同様の施術を行った。当初あった背中と手の緊張は消失しており、寄り目も出現していないため終了とした。その1週間後も症状は出ていない。

使用したツボ

まとめ

内斜視の原因は不明とされているが、眼科では「スマホやゲームで注視している時間が長いのが原因ではないか」と報告されているようである。目の症状の多くは頚や肩、背中の緊張を緩和すると改善することが多い。頚や背中の硬さは手の緊張の影響も受けるため、目の使い過ぎによるものばかりとは言えない。施術の結果から、手や指の緊張が影響していると推測できる。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る