ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:養気院

NEW片側の目が外を向かず二重に見える

NEW片側の目が外を向かず二重に見える

症状

眼球が外を向かない_症例(養気院)

仕事で眩しく光るものを見続けていたら、視野の左半分が二重に見えるようになった(複視)。眼科を受診して、飲み薬を処方された。発症から1週間後に来院。目視でも左目の眼球に動きが悪いのがわかる。右目のように外を向かず、左目は正面よりやや左に移動する程度で限界。

  • 来院者

    男性

    70 代

  • 期間

    2023年11月 ~ 2024年1月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    11回~15回

施術と経過

初回の施術から左の眼球が外向きにわずかではあるが動き始めた。回数を重ねるたびに、他覚的に眼球の動く幅が広がり、二重に見える範囲が縮小していった。10回の施術が終わった頃には8割り程度まで改善し、15回目の施術のときには他覚的に左右差を認めることはできず、自覚的にも完全に元通りになっていた。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

発症から間もなく施術を開始できた。眼球の動きが完全に戻るまでは2ヶ月程度を要したが、鍼施術のたびに変化が見られ順調に回復していった。

担当スタッフ

栗原誠

症例を投稿した鍼灸院:養気院

症例を投稿した鍼灸院

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る