ツボネット ホーム

全国の症例
鍼灸マッサージたかはしの症例

バッグを肩にかけるときの肩前面の痛み

全国の症例
鍼灸マッサージたかはしの症例

バッグを肩にかけるときの肩前面の痛み

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2018年12月 ~ 2019年1月
  • 頻度

    月3回程度
  • 通院回数

    4回

症状

10日前から左肩の前側が痛むようになった。原因は思い当たらないが仕事が特に忙しくほぼ動き回っている日が続いて、ふくらはぎの重だるさを感じている。立ち上がり動作と疲れが溜まった時に鼠径部~股関節の痛みも生じる。左肩にバッグをかけたときの痛みが一番気になっている。

施術と経過

痛む動作を確認すると、腕を横にあげた状態で手を内側と外側へ倒す動きが辛かった。
動き回って疲労感が強いということと、下半身の症状に注目してふくらはぎと股関節にあるツボに鍼をしたところ、可動域がひろがった。さらに背中をみると、肩の動作に関連がある部分に硬さがあったため鍼をした。初診で痛みはほぼ無くなったが、2診(3週間後)は再び痛みでて同様に施術をした。
3診では結帯動作で最後にグッともう一息腕を後ろへ回した時だけ痛むようになった。
4診では初診の際の痛みは無くなり、日常動作で困ることは無くなったが「左肩全体にスムーズでない感じ」が残っていた。確認すると特に横から上げるとき時の違和感があったため、股関節に鍼をしたところ違和感がなくなった。

使用したツボ

まとめ

下半身の緊張が肩に影響を与えていた症例。
肩関節と股関節の連動や、肩と下肢との関係もあるため、主訴以外の不調や日中の体の使い方など大きくとらえることが必要である。

提供:鍼灸マッサージたかはし

症例提供