ツボネット ホーム

ヒール靴で歩くと、決まって左足底のつま先が痛くなる

ヒール靴で歩くと、決まって左足底のつま先が痛くなる

  • 患者

    女性

    60 代

  • 来院

    2018年11月 ~ 2018年12月

  • 頻度

    月3回程度

  • 通院回数

    3回

症状

2年前に整形外科で「モートン病」と診断。「治らないので、うまく付き合っていくしかない」と言われる。
仕事柄、高さ7〜8cmのヒール靴を履く事が多く、すぐに左足底のつま先が痛くなってしまう。靴に中敷を入れると痛みが軽減されるので、いつもカバンに常備している。
職場の同僚に紹介され、当院へ来院された。

施術と経過

痛みが出現するのは、左足底2〜3趾の付け根だと言う。触診すると「そこが痛いです」と、押して痛むポイントを確認できた。圧痛のポイントと関連のある、ふくらはぎを触診すると顕著な筋肉の硬さが見つかる。ココが足底の痛みの原因だと判断して、鍼を打って緩めた。すると、先程までは押して痛むポイントの痛みがボヤけたように変化した。
2回目、「前回の施術後から靴の中敷を入れなくても良かった」と感想を得る。痛みは、施術前と比べ9割ほど減少。
3回目、1ヶ月ほど経過しても痛みはぶり返すことなく良好である。

使用したツボ

まとめ

2年間悩まされていた足底の痛みが、わずか1ヶ月の短期間で改善された。モートン病と診断されて、諦めかけていた足底の痛みが、ふくらはぎのツボ1穴で解決されることは珍しくない。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供