ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

目がチカチカすると頭痛が起き、嘔吐してしまう

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

目がチカチカすると頭痛が起き、嘔吐してしまう

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2014年5月
  • 頻度

    月3回程度
  • 通院回数

    8回

症状

中学1年生の頃、閃輝暗点が出現。「目がチカチカする→頭痛→気持ち悪くなる→嘔吐→ラクになる」という経過をたどる。
このような症状が頻繁に起こっていたが、年齢を重ねるに従い減少していった。
しかし、一年くらい前から再発し、ここ一年で偏頭痛(閃輝暗点)が10回程度起こっている。先月は3回であった。

施術と経過

触診をすると、右側の頚、背中(肩甲骨付近)、鎖骨周辺のコリが強く、左右差が際立っていた。
この左右差が偏頭痛の原因になっていると考え、右手と後頭部のツボを用いて施術を行った。
2週間に1回のペースで4ヶ月間施術を行っているが、その間一度も偏頭痛は発症していない。

使用したツボ

まとめ

閃輝暗点を伴う頭痛は不安感が強く辛い症状ではあるが、鍼灸で直ちに解消することが多い。
ただ、吐き気を伴う場合は(自覚症状の有無に関係なく)胃に問題を抱えている場合があるので、頭痛だけでなく胃腸のケアも重要である。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供