ツボネット ホーム

腕を使うと、頚すじから腕にかけて痛む

腕を使うと、頚すじから腕にかけて痛む

  • 患者

    女性

    60 代

  • 来院

    2014年5月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

1ヶ月ほど前から右肩が痛むようになった。きっかけに心当たりがない。徐々に悪化し、痛みは首筋から腕にかけて広がっていった。
腕を使う際に肩が痛む。右を下にして寝ると痛みが強くなる。痛みに耐えられなくなり来院。

施術と経過

腕を動かしてもらい、痛みが強くなる動作を調べてみた。すると、外旋することで痛みが強くなることがわかった。
肩関節の外旋を胸椎のツボで調整したところ、可動域が普段通りまで回復した。
肩を後ろに引く際に痛みが残っていたため、前腕のツボで大胸筋の緊張を取った。
すると可動域がさらに広がり、痛みがわずかに残る程度までに改善した。

使用したツボ

まとめ

「どこが痛いのか」を知ることは重要であるが、「どうすると痛いのか」を重ねて症状を分析しないと、問題の本質にたどり着けないことがある。痛みの範囲が広い場合は、特に痛みの中心を探すことが最初の課題となる。この症例では、肩の関節を外捻り(外旋)した時に痛みが強くなることがわかった。他の動作では痛みが強くならなかった。仮に、肩関節に炎症があるような状況であったなら、どのような動きでも痛みが強くなる傾向が強い。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る