ツボネット ホーム

全国の症例

生理後の倦怠感

全国の症例

生理後の倦怠感

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2018年4月 ~ 2018年4月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

鍼施術による生理後の倦怠感の改善例

1週間前に生理が終わったが、その後も何となく下腹を中心に重く張っている感じ、体が怠く気力も低迷している。肩も少し凝り感がある。

食欲は普通だが、食べるともたれやすい。便通は普段は問題ないが生理中・後は2日おきでスッキリ感がない。

施術と経過

凝り感のある肩とその周辺には多少の筋緊張があるのみ。生理がきっかけということから腹部に原因があると考えた。

腹部の触診で反応・圧痛が左腹部に現れている。それぞれの個所に対して、左足のツボに3カ所鍼を行う。腹部全体に柔らかさが戻り始め、本人も「お腹が動き始めた」とのこと。
そのまましばらく置鍼する。

再度、腹部を確認すると普段通りの柔らかさに戻り、体の軽さを感じるようになったので終了する。

後日、メールで「翌日には倦怠感は無くなり、スッキリした」との連絡があった。

使用したツボ

まとめ

体のだるさの多くは体の中心となる「お腹」に原因が見られることが多くある。硬さや張り、もしくは虚脱などが現れ、体の中心部分の流れの滞りが原因となる場合ががある。整動鍼は、素早く流れを改善することもできる。

提供:鍼灸・活法整体いろは治療院

症例提供