ツボネット ホーム

症例カテゴリ

小指の痛み

症例カテゴリ

小指の痛み

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年9月 ~ 2018年10月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    2回

症状

小指のいたみ

シフト制により週3~5日、コンビニエンスストアでアルバイトしている。数日前よりレジ打ちをしていると小指の痛みが出てきた。これを機にいつもなら感じないフライヤーを上げ下げする動作で痛みを感じる。最初は職場だけのちょっとした痛みや違和感だったため冷やしたり湿布をして経過を観察していた。次第にレジ打ち動作以外のベッドから起き上がる動きやハンドルを握る動きなど小指に過度な負担が加わる生活動作で痛みが出てきた。
そのため通院歴がある、当院へ連絡をいただいた。

来院時に確認すると、小指の曲げ伸ばしは問題なく出来るのが荷重時に前腕部から小指にかけての痛みが再現される。

施術と経過

腕を酷使することが多いことから、背中・肩甲骨周辺の緊張が強い。
診ると小指に関連ある背中や肩甲骨のツボにコリが見られた。そのため、その2つのツボに鍼をした。
鍼をし、動きのテストをすると痛む範囲が小指のみになり、小さくなった。

二診目、荷重時の小指全体と付け根(IP関節)付近の痛みがあった。
前回の施術に加え、背骨のツボを加えた。

最後に動作テストしてみると全く痛くなくない状態だったので施術を終了した。

使用したツボ

まとめ

職業柄起きたトラブルと思います。コンビニエンスストアでの仕事内容を聞いてみると食品の棚卸や店内調理作業など重たいものを持ったり、レジ打ち・伝票管理など細かい作業をしたり多岐に渡ります。指の機能として特に小指は握る動作の中心でありこの指が機能しないと生活にも支障が出てしまいます。
そこで小指の動きと関連する背骨の緊張を解くことで本来の動きが回復され荷重にも対応できる状態に整ったものと思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供