ツボネット ホーム

全国の症例

テニスをした後から親指の付け根に痛みがある

全国の症例

テニスをした後から親指の付け根に痛みがある

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2018年5月
  • 通院回数

    1回

症状

1週間前に久しぶりにテニスをした。その次の日の朝に階段を降りる時に左足の親指の付け根に痛みがあり、うまく足を着けなかった。

そのうち良くなるだろうと思っていたが、あまり痛みに変化が出ず、ご主人の勧めで当院に来院された。

来院された時は、一番痛かった時より痛みは落ち着いているが、つま先立ちをすると痛みが走る。

施術と経過

念の為に、股関節の動きを確認すると右に比べ左の股関節の動きが明らかに悪かった。

テニス後に股関節に違和感を感じなかったか聞くと「股関節の前側に違和感を感じていた」テニスをした後から「靴下を履く動作が辛い」とお話をされた。

この内容から股関節の動きを改善するツボに鍼をして、つま先立ちをしてもらうと痛みが半分になっていた。

痛みが出た経緯と今後の説明をしてこの日は施術を終了した。

後日、メンテナンスに来院されたご主人に確認すると「あれ以来、痛みは出ていない」ということであった。

まとめ

足の裏の痛みは原因が色々あり、なかなか難しい症状だが動作を確認することで改善が早まる場合もある。

今回も、股関節の動きやインナーマッスル(大腰筋・腸腰筋)との連動が回復すると症状も落ち着いてくれた。

担当スタッフ

若林 耕

提供:アネストsin灸院

症例提供