ツボネット ホーム

全国の症例
アネストsin灸院の症例

ぎっくり腰になった後に徐々に痛くなってきた股関節

全国の症例
アネストsin灸院の症例

ぎっくり腰になった後に徐々に痛くなってきた股関節

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2018年2月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

2月の初旬にギックリ腰になった。腰の方は痛みは引き、現在は腰に痛みはない。

腰の痛みが気にならなくなると股関節の痛みが気になりだした。少し時間が経てば治るだろうと思っていたが良くならない。

日常生活ではあぐらや靴下を履くときに右の股関節に痛みがあり、つまるような感じがする。

ネットで当院を見つけた。似たような症例があったので効果があるのではと思い当院に来院。

施術と経過

1診目、どのような動きで股関節に違和感があるのかを調べると、椅子に座った状態で膝を挙げる動作で痛みと詰まる感じが出ていた。体を捻る動作でも股関節に違和感があった。

関係のある足のツボに鍼をして施術前の動作と確認すると痛みやつまり感が無くなっていたので、初回の、施術を終了した。

2診目、前回の施術後、股関節の痛みが気にならなかったのでドライブに出かけた。ずっと座ったいたのが悪かったのか腰に今日は違和感がある。

股関節は問題なかったので、腰の施術をした。施術後、腰の違和感を感じないとの事であったので終了した。

使用したツボ

まとめ

ギックリ腰の後にどこかに痛みが残るケースは珍しくない。今回は腰と股関節がスムーズに連動しなくなったと考えた。

股関節の動きが改善してくると自然と腰の状態も安定してくる。腰や股関節ばかりを注目するより、動きの中から改善点を見つけれたのが早い回復に繋がった。

担当スタッフ

若林 耕

提供:アネストsin灸院

症例提供