ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:ゐろは鍼漢院

NEWベットや床に手を着くと、手首が痛む

NEWベットや床に手を着くと、手首が痛む

症状

数年前に腕立て伏せをしてから、左手首が痛くなった。それから、手首を上下に動かす動作がスムーズにできなくなり、趣味のドラムをうまく叩けない。


日常では、床に手をつく動作で痛みが誘発される。

  • 来院者

    男性

    30 代

  • 期間

    2021年11月 ~ 2021年12月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    6回

施術と経過

初回:)手首の動きと、痛みの場所から、肩甲骨の外側と鎖骨周辺に原因があると考え、反応点に鍼を行った。施術後、手首の動きが滑らかになり、その状態が1週間続いた。



2〜4回目)初回の施術に加え、手首の緊張を緩和する目的で手の甲に鍼を行う。

劇的な改善は見られないものの、2回、3回と施術を繰り返して受ける事に、症状が徐々に改善。

4回目施術を終える頃には、6割がた痛みが消失。



5〜6回目)

5回目施術終了後、手首の上下運動もできるようになり、趣味のドラムをストレスなく叩けるようになる。

日常生活はもちろんの事こと、趣味のドラムも十分できるまで回復したため6日目の施術を持って、卒業とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

手首の症状は、きっかけは様々であるが、隣り合う指の関節の間に適度の隙間がない場合や、肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨)の遊びがない場合に起きることが多い。

これらの問題点に正確に鍼を当てることで、徐々に回復したと思われる。

症例を投稿した鍼灸院:ゐろは鍼漢院

症例を投稿した鍼灸院