ツボネット ホーム

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

婦人科系と便秘が引き起こしていた肩こりと頭痛

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

婦人科系と便秘が引き起こしていた肩こりと頭痛

  • 患者

    20 代

  • 来院

    2016年5月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

慢性的に首と肩が凝っている。1日3時間程度のパソコン作業で症状が悪化する。風邪を引く前、生理前に症状が重くなる傾向がある。こめかみあたりに慢性的な頭痛も感じる。頭痛、肩こりとも、左に強い自覚がある。常に便秘がちで、3〜4日出ないことは普通で、一週間出ないこともある。ただ、慣れすぎているためか、苦しさはほとんど感じない。鍼やマッサージは他院で日常的に受けている。職場の同僚の紹介で来院。

施術と経過

生理前に症状が悪化すること、慢性的な便秘があることから、腹部の緊張が大きく関わると考えた。腹部を触診してみると、婦人科系に関する部分と、便秘に関連する部分に強い緊張が見られた。緊張を緩めるため、足にあるツボに鍼をすると、腹部の緊張が緩んだ。同時に肩こりも消失。頭痛も感じなくなる。便秘に関連する背中のツボも反応が消えていたため、施術を終了。後日、便秘が解消されたと、手紙で喜びの報告を頂いた。

使用したツボ

まとめ

女性の肩こり・頭痛は、婦人科系や便秘が原因となることも少なくない。腹部の働きを整える事で、肩こりと同時に便秘や下痢、過敏性腸症候群にもアプローチすることが出来る。頭痛や肩こりという症状名にとらわれず、症状を引き起こす原因を捉えられるかが、結果の差に表れてくる。

担当スタッフ

谷地一博

提供:快気堂鍼灸院白石

症例提供