ツボネット ホーム

光がまぶしい・瞼が垂れ下がる

光がまぶしい・瞼が垂れ下がる

  • 患者

    女性

    70 代

  • 来院

    2017年7月 ~ 2017年9月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    11回~15回

症状

10年前から両目がゴロゴロし光りがまぶしく感じる。病院で医師に眼瞼痙攣(がんけんけいれん)と診断された。ボトックス注射を行うものの改善がみられない。その後、瞼(まぶた)が垂れ下がり、目がしっかりと開けられない。
様々な治療を探し、眼科や神経内科で治療するが改善しない。友人の勧めで漢方薬を服用するも効果が感じられない。現在も瞼は垂れ下がり光りがまぶしいため帽子を手離せない状態。帽子を外して生活できるようになりたいと、当院に来院された。

施術と経過

後頭部の筋肉の緊張が悪影響をしていると考えた。触診で左の後頭部の顕著な緊張を確認した。後頭部の筋肉の緊張を緩めるために、左脚のツボに鍼をすると直後からまぶたが軽くなり、目を開けることができた。翌日までは、目が開いて気持ちよく過ごせたとのこと。
2診目以降も同様の治療を続けることで、良い状態を安定させた。
5診目、まぶたが開き、帽子を外して生活してもまぶしさが気にならず過ごせる時間ができた。回数を重ねる度、良好な時間が長くなっていった。
13診目には症状が気にならなくなり、15回目の施術で終了した。

使用したツボ

まとめ

眼瞼痙攣との診断だったが、ご本人が治したいと求めていたのは、光のまぶしさと瞼の垂れ下がりであった。この症例では実際の症状と診断名がかみ合っていないと考え参考程度とした。実際の症状に向けて施術を行った結果、著効が見られた。10年間続いた症状が数回の施術で大幅に改善できた。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る