ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

三角骨障害とふくらはぎの痛み

三角骨障害とふくらはぎの痛み

症状

当院へ来られる一週間前、仕事の運搬作業時に階段で足関節が痛くなるのを感じた。関節の中の方でジンジンとした痛みが気になり街の整形外科へ受診すると『三角骨障害』と診断を受けた。痛み止めの薬・湿布を処方されたが効果を感じられず、3月は繁忙期であるため連絡をいただいた。

  • 来院者

    30 代

  • 期間

    2020年3月 ~ 2020年3月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

足関節の底屈時の痛み、ふくらはぎの内側の痛みを呈していた。
そこで腰部の緊張と重心のアンバランスを考え、腰部と肩甲骨内縁のツボに鍼をした。すると『ふくらはぎの痛みは良いが足関節を上に向けた(背屈)ときに詰まった感じがする』とのこと。そこで、脛にある足関節の動きに関わるツボを加えると足関節の動きも回復した。

歩行チェックをすると『かなり歩きやすい』とのこと。大幅に改善されたため施術を終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

足関節の動きはふくらはぎの緊張と大きく関わり、ふくらはぎにも痛みを呈していたことから広く状態を観察することにしました。
三角骨障害と言う診断名に囚われず全身をみることで本件のように解決できることもあります。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院