ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

捻挫の痛みで足が着けない

捻挫の痛みで足が着けない

  • 患者

    男性

    10 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

症状

昨年の1月にサッカー準備運動中、サイズ違いの靴着用が原因で靱帯3箇所を痛めた。その後、今年2月には足首上部を痛めるなど足首付近の怪我が続いていた。それぞれの怪我は回復して動けていたが、来院2日前にトラックを走っていて、内反捻挫をしてしまった。来院時は足がまったく着けず、片足でしか立てない状態であった。

施術と経過

足部と関係の深い腓骨の際を触診したところ、顕著な硬さが見つかった。そこに鍼をすると、足が着けるようになった。
2診目 前回よりはだいぶ良いが、まだ足を着くと痛みがあるため、歩行時には松葉杖を使用していた。腓骨の際の硬さがまだ残っていたため、前回同様のツボに鍼をした。足を着く時の痛みが軽減し、少しであれば松葉杖なしでも歩くことができるようになった。
3診目 普通に近い感覚で歩けるようになったとのことで、松葉杖を使わずに来院。ただ全体重を乗せるのは怖く、痛みもある状態だった。初診と2診目と同様のツボに加え、背中のツボにも鍼をした。直後に動いてもらうと、体重を乗せた時の痛みがほぼ消失したため、施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

腓骨の際の緊張を取ることで、足部の動きが良くなり、痛みが軽減された。足が着けないほどの痛みであっても、正確に原因点を見つけられれば、即座に症状が緩和される。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

症例を書いた鍼灸院