ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

革靴で歩いていたら捻挫が悪化

革靴で歩いていたら捻挫が悪化

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年6月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

5月に右足首を捻挫。近くの整形外科の受診し、そこで鍼治療を受け改善がみられた。しかし、慣れない革靴で歩きすぎると、足首に痛みが出現し、踵が外れそうな違和感がある。そのため、蹴り足になった時にうまく蹴ることができない。

施術と経過

足首の痛みの位置を確認すると、腫れや炎症は見当たらなかった。外踝の前面(足首前面の外側)にピンポイントで痛む場所があった。ここは、いわゆる「丘墟(きゅうきょ)」というツボがある位置である。腓骨の動きに問題があると考え、腓骨の動きを調整するツボを用いた。すると、歩行した時の痛みがほぼ消失し、アキレス腱側に違和感が残る程度となった。そこで、アキレス腱の緊張を解くために背部のツボを用いた。すると、違和感がほぼ消失。最後に踵の緊張を解くために、後頭部のツボを用いた。

使用したツボ

まとめ

捻挫の痛みを解消するには、足首は痛みの患部に目を奪われてはいけない。なぜ、足関節が痛むのか、その背景に潜む動きの問題に注目する必要がある。足首の動きは、膝関節と密接に関わっている。膝関節の影響を考えることは必須である。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

症例を書いた鍼灸院