ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

目の奥がえぐられるように痛む

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

目の奥がえぐられるように痛む

  • 患者

    男性

    50 代

  • 来院

    2018年1月 ~ 2018年2月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    4回

症状

20年来の群発頭痛。2~2年半周期で群発期が来る。一度の群発期は1ヶ月半。
発作が来ると毎日、左目の奥がえぐられるような痛みが1時間続き、同時に左頚(うなじ)の後ろが「こぶ」のように硬くなる。飲酒と運動で悪化する。
ゾーミックやイミグラン皮下注を使うと痛みが治まるが、多用すると群発期が2ヶ月半に延びる。
今期は3週間前から群発期が始まった。目の奥の痛みに加えて、みけんが締めつけられるような頭痛も併発している。
発作が起きたらまず氷で冷やし、それでも痛みが治まらなければアマージとリザトリプタン(マクサルトのジェネリック医薬品)を服用している。
トリプタン製剤を使用したくないので、インターネットで治療法を検索。当院のHPを見て来院された。

施術と経過

「こぶ」を感じる左頚(うなじ)に位置に触れると強いコリがあった。また左頚の前側の筋肉(胸鎖乳突筋)もはっていた。
左手と左膝、背中のツボに鍼をすると、左頚(うなじ)の後ろと左頚(胸鎖乳突筋)が緩んだ。
2診目に「目の奥は軽い痛みが1回。みけんの痛みは氷で冷やしても治まらず、リザトリプタンを服用した」との報告を受けた。
歯ぎしりがあることがわかり、顎の緊張が緩むように背中のツボを追加。
3診目。みけんの締めつけはなかった。目の奥は軽い痛みがあったが、氷で冷やすと治まった。2診目と同じ処置を行った。
4診目。「群発期がほぼ終わった。もう大丈夫だと思う」とのこと。左頚のこぶも消えおり、胸鎖乳突筋の緊張も見られなかったため、仕上げの施術を行って終了した。

使用したツボ

まとめ

過去の群発期は1ヶ月半~2ヶ月半続いていたが、今回は群発期3週間目から治療を開始し、1ヶ月で終えることができた。
頭痛と同時に頚(うなじ)がこぶのように硬くなることから、頚(うなじ)の緊張が群発頭痛に関わっていると推察される。
同時に出現する症状を解消すると、頭痛も改善するケースが多い。
また、歯ぎしり・食いしばりは頭痛と関係しているので見逃せない。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供