ツボネット ホーム

季節の変わり目にコメカミと目の奥が痛み、おでこと頚の後ろが重くなる

季節の変わり目にコメカミと目の奥が痛み、おでこと頚の後ろが重くなる

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年10月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

ここ10年ほど常に肩こりがあり、半年に一回、季節の変わり目になると頭痛が起きる。
痛みの出方にパターンはなく、頭痛が起きると嘔吐してしまうこともある。夜にかけて悪化し、痛みで眠ることができない。痛みはある時点から急に治まり、翌朝には回復していることが多い。
今回は、当日の午前中からコメカミと目の奥がズキズキ痛み、おでこと頚の後ろが重くなり始めた。また寒暖差アレルギーがあり、悪化すると副鼻腔炎を発症する。
両親ともに頭痛があり「薬を飲みすぎると、どんどん頭痛が強くなる」と聞いていた。薬以外の対処法を探して、来院された。

施術と経過

身体に触れると右のうなじに顕著なコリがあったため、仙骨のツボに鍼をして緩めた。また寒暖差アレルギーが悪化する時期と頭痛が起きる時期が重なっているため、鼻炎へのアプローチも必要だと判断し、鼻炎に効果のある手のツボに鍼をした。最後に、残っていた右肩のコリを緩めるために右の背中にツボに鍼をして、終了した。
翌日、メールにて体調を伺うと「帰宅後に頭痛が出たが、今までより軽く支障のない範囲だった。夜はしっかり睡眠を取ることができた」との返信をいただいた。

使用したツボ

まとめ

季節の変わり目に頭痛が起きること、寒暖差アレルギーが悪化する時期と重なっていることが今回のポイントであった。平素から肩こりがあると、鼻炎などをきっかけに頭痛が悪化することは珍しくない。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供