ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

登山中に起きた膝裏の肉離れ

登山中に起きた膝裏の肉離れ

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2018年6月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

症状

2週間前、登山中に不自然な体勢で踏ん張った際、左膝の裏に引きつりを感じた。
その時は大丈夫かと思っていたが、翌日から歩行時に膝の裏が引きつったように痛む。
なかなか改善しないのでカイロプラクティックに行くとその場ではスッキリするが、時間が経つと痛みが戻ってしまう。
昨日から下腿の外側に内出血が生じたため「肉離れでは」と思い「肉離れ」で検索。
当院のブログ(肉離れを早く治したいなら鍼治療がおすすめ https://shinagawa-a.kapos.jp/symptoms/pulled-muscle/10661/)を見つけ、来院された。

施術と経過

【初診】
歩行時に左の膝裏の痛みを感じると共に、左足に体重をかけることへの怖さを感じていた。
腰と手に鍼をして膝裏の緊張を緩めると、歩行時の痛みはほぼ感じなくなった。
足に体重をかける際の怖さは残る。

【2診目】
歩行時の痛みは感じず、膝裏のつっぱり感が残る。
手と臀部に鍼をすると、つっぱり感が軽減。「足が軽くなった」とのこと。

【3診目】
歩行時のつっぱり感も消失。わずかに残っているハムストリングスの緊張を解消し、終了。

使用したツボ

まとめ

肉離れが起きると、傷ついた部位をかばうように周りの筋肉が緊張する。
また肉離れの部位をかばうような不自然な動きも、治癒を遅くする原因となる。
鍼によって余分な緊張を解消し、自然な動きを取り戻すと肉離れは短期間で回復できる。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

症例を書いた鍼灸院