ツボネット ホーム

起床後1時間続く太ももからおしりの痛みとしびれ

起床後1時間続く太ももからおしりの痛みとしびれ

  • 患者

    女性

    70 代

  • 来院

    2018年5月 ~ 2018年6月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    5回

症状

1年前から左のすねの外側がしびれるような感覚がり自分で鉛筆で押すと楽になったので放っておいたが、1か月前からは、しびれと痛みが太ももの横からお尻まで広がった。一番つらいのは朝起きた時でジワジワと痛みとしびれが1時間くらい続くが、動き出すと少し楽になってくる。お尻が気になって叩いてみるが楽にならない。
足を動かしにくい感じがして階段を降りるのが何となく怖かったり、趣味の太極拳も休んでいる。
心配になり整形外科に行きレントゲンをしてもらったら「腰の何番目かの骨がズレていて、神経に当たってるのかもしれない」と言われ、
痛み止めを処方された。「それでも治らなかったらCTをして手術になる」と言われ、本当は飲みたくなかった痛み止めを飲んだ。
薬を飲むと体がふわふわして身体にあわない感じがした上に、痛みもそれほど消えなかったので飲むのをやめた。
手術は受けたくないので家族に相談したところ、娘が以前に通ってた那須院を紹介された。

施術と経過

1回目
足の筋肉が緊張していると推察し、ふくらはぎから太ももを触診すると硬い緊張があった。そこをゆるめる腰のツボに鍼施術を行った。
70代後半とご高齢のため刺激量が少ないほうがよいと考え、施術は鍼の本数を極限まで抑えた。

2回目 前回の施術した日はすごく楽だった。施術の翌日はぶわんと痛みが出た時もあったが、3日目まではよかった。前回と同様の施術を行う。
4回目 いい感じだったが、旅行でたくさん歩いたらまた痛みがでてきてしまった。
5回目 朝起きた時の痛みとしびれは起きなかったが、少しだけ重い感じがある。
5日目から2週間後に電話があり「あれ以降、痛みもなく、趣味の太極拳もできるようになった。」と報告があった。

使用したツボ

まとめ

坐骨神経痛のような症状である。
しびれを伴う痛みのため、腰や臀部の筋肉のコリが神経を圧迫していると考えた。
そこをゆるめることで筋肉に柔らかさが戻り、神経の圧迫が解消された。
薬や手術を避けたい方に、鍼が一助となったケース。

担当スタッフ

那須あゆ美

提供:はりきゅう那須院

症例提供