ツボネット ホーム

うがいが出来ない・うつ伏せに寝ると中指が痺れる

うがいが出来ない・うつ伏せに寝ると中指が痺れる

  • 患者

    男性

    50 代

  • 来院

    2018年12月 ~ 2018年12月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

数週間前から上を向くことが出来ず、うがいをすることが出来ない。常に右の首・肩に重みを感じ痛みもある。私が確かめると上を向くと背中にある大きな緊張部位が起点となり首肩の方へ放散しているように感じた。うつ伏せになると中指が痺れ不快感を示した。
デスクワークが主体の職業だがパソコンをしていると同一部位が痛くなって、仕事に集中することが出来ない。
以前にも通院歴があるため相談を受けました。

施術と経過

首の可動域を高めることを目的に手関節にあるツボに鍼をした。すると顎を少し高くあげれるようになったがまだ痛みが患部に響きます。ただ、このツボに鍼をすることで背中の痛みがピンポイントになり、痛みの所在がはっきりとしました。そこで、患部と関連ある頸のツボ・腕や手の甲にあるツボに鍼をして動きのチェックを行うと自然と上を向くことが可能になりました。
最後に指の痺れに対応する背骨にあるツボをして仕上げました。

施術後上を向くことが出来て、うつ伏せになっても痺れも誘発されなかったことから施術を終了としました。

使用したツボ

まとめ

背中の緊張が首や肩に波及し、動きの制限と痺れを呈していました。デスクワークが主体になると自分で気付かないうちに背中等に緊張を作ってしまいます。
『繁忙期のためずっとパソコンの前にいた…』と言う患者さんの言葉からわかるように自分の身体のためにも定期的な休息を勧めました。

今回のように体勢を変えることで痺れが誘発されることがあります。それは筋肉の緊張がその肢位により高まるからであります。
しっかりと施術前と施術後を示せたことで患者さんも納得された様子でした。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供