ツボネット ホーム

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

追突事故後しびれ始めた左手薬指、小指

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

追突事故後しびれ始めた左手薬指、小指

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年8月 ~ 2018年9月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

2014年追突事故の被害者になった。
その際に病院に行きレントゲンを撮った時に「ストレートネックを飛び越して、逆に反っている」と言われた。
それ以来、肘をぶつけた時にみられるような左肘~手薬指小指にかけてのしびれが収まらない。
比較的楽な時もあるものの基本的に「じわ~ん」としびれている。
当院へはインターネットをみられてご来院された。

施術と経過

初回
しびれている部位的に考えて背中にあるツボに反応があるのではないかと思い、確認をした。
すると硬い硬結及び圧痛がみつかった。
その背中のツボに鍼をして置鍼すること5分ほどでしびれが薄くなっていく事がわかった。
さらにもう5分、合計10分置鍼したところご本人も驚くほどしびれが軽くなった。

2回目
前回に比べてかなりしびれが薄くなり、気にならない日もあるようになってきた。
初回同様のアプローチをし、しびれは消失した。
この整動鍼の即効性に非常に驚いているのが印象的だった。


その後、お身体の不調がある際に当院に通われているがこの症状が再発することはない。

使用したツボ

まとめ

4年来の左肘~薬指、小指のしびれが改善した症例である。
構造的な問題に関しては我々鍼灸師は手を出すことができない。
構造や姿勢に教科書的な問題があるとしても本質的な原因を見つけ、アプローチをすることで”機能”を改善させればこの方のように悩んでいる症状が改善される例は非常に多い。

提供:スギヤマ治療院

症例提供