ツボネット ホーム

冷えから始まった神経痛

冷えから始まった神経痛

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2018年7月
  • 通院回数

    1回

症状

職場のエアコンが冷え過ぎていたからか、右足に冷感があり次第に痺れを感じ始めた。

日が経つにつれ、右足に体重を乗せることで痛みが出現する様になってきた。

近所の接骨院で「坐骨神経痛」と言われマッサージを行なってもらうが、帰宅するとぶり返す。

3日も続けて通って軽減しなかったことから不安になりネットで治療院を検索。

地下鉄で通える範囲にあった当院のホームページをみつけ、痺れに関する症例が投稿されていたので期待して来院。

施術と経過

症状の性質を確認すると、右足に体重を乗せる動作で痛みと痺れが出現した。

触診を行うと股関節周囲に筋緊張がみつかり、それを緩めるため手の甲にあるツボへ鍼を行った。

すると、ストレスなく右足に体重を乗せる動作ができるようになり、痛みと痺れが出現しなくなった。

次に、首と背中に残った筋緊張に対し頭とふくらはぎにあるツボを選び刺鍼したところ、呼吸が楽になり次第に足の冷えが消失していった。

右足に体重を乗せる動作で痛み痺れ、また足の冷感が出現しなくなったことから、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

接客業のため、この患者様の体調に合わせて室温を変えることが出来ず、冷えに耐えていた事が災いしていた。

足元の冷えが酷くなるにつれ、熱を体外へ逃がさないように全身の筋肉が引締り緊張を生んでいた。

特に引締って緊張していた股関節と、首・背中の筋肉を緩めることで症状が消失した。

今回は症状が出現する前に、ウォーキングで汗を流す、銭湯で汗を流すなど、冷えを身体に残さないための生活習慣を考えて予防することを勧めたい症例だった。

症例提供