ツボネット ホーム

更年期障害を疑った逆上せ

更年期障害を疑った逆上せ

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2018年7月 ~ 2018年7月
  • 通院

    週2~3回
  • 通院回数

    6回

症状

異常な程の逆上せが数日続き、「更年期障害」を疑い婦人科を受診。

ホルモン検査の結果異常は無く、様子をみることになったが、異常な逆上せに加え、喉の違和感と浮腫み、足の冷えが数日続き不安が増してきた。

日中、眠気に襲われることが多くなり、いつもだとなかなか口にしない冷たいものを頻繁に摂るようになった。

そのため、今以上の体調不良を心配し、以前通院していた当院へ相談し来院した。

施術と経過

逆上せと喉の違和感に、首肩の筋緊張が関連していると判断し頭のツボへ鍼を行った。

すると、首肩が軽くなり呼吸が楽になって喉の違和感が消失した。

この時点で逆上せが残ったため、今度は腰の硬さに注目した。

足の浮腫みと冷えにも関連が深いと判断、膝裏のツボで調整を行ったところ腰の硬さが消え、逆上せが少し引き、足に温かさと軽さを感じるようになった。

まだ、後頭部の熱感を感じたため調べると、呼吸に関係する背中の筋肉に緊張があった。

この筋緊張を緩めるため腕と足首にあるツボへ鍼を行なうと、呼吸が深くなり後頭部の熱もスッと抜けていった。

来院前の心情も考慮し同じ治療を5回続け、6回目の施術前に逆上せの消失が確認できたことで、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

健康の指標でもある「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」という言葉があるが、今回の患者様はその反対の「頭熱足寒(ずねつそくかん)」の状態だった。

年始からの運動不足の影響から足の浮腫みが出現し、下半身の冷えが生まれ体温が上へ上へ押しやられていた。

首肩腰の緊張を緩めることで、浮腫みと呼吸が改善され、身体中に体温が行き渡り消失した逆上せの症例でした。

症例提供