ツボネット ホーム

全国の症例

歩いたり、階段の登り降りで出る股関節周辺の痛み

全国の症例

歩いたり、階段の登り降りで出る股関節周辺の痛み

  • 患者

    女性

    60 代

  • 来院

    2017年9月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

半年ほど前から股関節に違和感を感じ初めた。歩いているとつっぱた感じがあり、日に日に痛みが出始めた。痛みが出るのは波があり、痛くない日もあったので放置していたが、2ヶ月ほど前から痛みが強くなり始めた。特に階段の登りおりが辛い。しびれはないが冷えると余計に痛くなる。仕事をしており中々休む事ができず無理に動かしていたら、普通に歩く事ができないほど痛みが強くなり、整形外科にいったが「骨が削れて少なくなっている」と言われ薬を出された。

痛みが中々引かずこのままでは歩けなくなるのではないかと心配になり、鍼が効くと聞いてネットで検索して当院に来院。

施術と経過

<一診目>
痛みの出る箇所を触診で詳しく確認すると股関節の前面に強い痛みを確認できた。また股関節を動かしてもらうと屈曲する事ができない。これは深層筋に問題があると考え関連する足のツボに鍼をすると股関節前面の痛みが大幅に減少し、屈曲動作もスムーズに行える様になった。
股関節前面の痛みが取れると臀部に痛みと違和感を感じ始めた。詳しく触診すると、臀部の真ん中より少し外側に強い圧痛と筋肉の張りを確認できた。
この筋肉の張りを取る為関連する腰のツボに鍼をした所痛みと筋肉の張りが大幅に軽減した。

歩いてもらうと違和感わ残るもののスムーズに歩けた為その日は施術を終了した。
<二診目>(1週間後)
股関節の痛みはほとんどなくなったが大腿の内側と臀部の付け根に引っ張られる感じがある。詳しく動きを確認すると股関節を外旋する動きと足を上げようとする時に引っ張られる感じが強くなる。これは胸椎に問題があると考え、関連する背中と足のツボに鍼をすると引っ張られる感じが消失し、動きもスムーズになった。

どの動きをしても痛みと違和感が消失したので施術を終了した。

使用したツボ

まとめ

痛みの原因は骨自体にあるのではなく、骨の変化によって上手く股関節が動かなくなることによって筋肉の動きが制限されて出た痛みであった。また股関節の動きの悪さは胸椎の歪みとも関係があり痛みをより強くしていた。原因をしっかりと捉え的確に取り除く事で少ない施術回数で良い結果が出た症例である。

提供:國定鍼灸院

症例提供

  • 國定鍼灸院

  • 電話番号

    048-499-2188

  • 最寄り駅・地域エリア

    JR武蔵野線「北朝霞駅」 東武東上線「朝霞台駅」 埼玉県

  • 定休日

    日曜, 祝祭日

  • 詳しく見る