ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

バドミントンをすると痛くなる肘

バドミントンをすると痛くなる肘

症状

子供がバドミントンをやっており週1~2回ほど練習相手をしている。3か月前からプレー中に違和感を感じ始めた。最近ではきまって内側からズキズキとした痛みが始まり、肘関節全体へと波及するような痛み方をするため心配になり連絡をいただいた。他、生活には特段とした支障ない、前十字靭帯損傷の既往がある。

  • 来院者

    女性

    40 代

  • 期間

    2020年1月 ~ 2020年1月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

施術と経過

内側上顆付近に筋張った緊張があった。そこで背中を触ると特徴的なコリをみつけここに鍼をした。また、膝関節の屈曲運動時に可動性の低下がみられたため関連する臀部のツボに鍼をした。肘にあった緊張と臀部の緊張が緩んだことを確認して施術を終えた。

2回目、『バドミントンをやっても痛くない。』とのこと。
3回目、『怖くて雪かきを出来なかったがやってみると出来た。』と報告があった。症状消失に伴い施術を終えた。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

肘の動きは背中のコンディションと関連します。この連動を解いたことがポイントですが仕上げに膝の動きも良くなることで肘だけ使う“肘打ち”にならず痛みも解消されたものと思われます。このように注目すべきポイントを見分け、痛みの分析をすすめることが施術を最短で終えるためのアプローチ方法と思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院